何回行っても風俗は飽きませんよ!体験談も読めばなお飽きません!

デリヘル界の期待の新人

投稿日:2016年4月20日

とにかくデリヘルが好きでたまりません。多分休日をアウトドアで過ごす人と、家で過ごす人の差がありますが、それと同じような気がしています。風俗街に行くよりも、家にデリヘル嬢を呼んで楽しむのがとても楽しいです。ちょっと思い出しましたが、牛丼をお店で食べるか、部屋に持ち帰りをして楽しむかは本人が選ぶのですが、私は常にテイクアウトして、家で落ち着いて楽しみます。風俗に関してもまったく同じだということに愕然としますね。前回部屋に来てくれたデリヘル嬢はとってもピュアな女性です。体験入店の女性を選んだのですが、本当かなーなんて思っていたのですが、その女の子はほとんど男性経験がない感じの女性でした。もしかしたら処女?みたいな女性です。なので、私のあそこにもおっかなびっくりですし、あそこを私が愛撫した時の感じ方も処女っぽい感じでした。私はそういう女性が好きなので、まったく問題ありません。手コキが一番上手だったので、それで発射しました。今後ももっと成長しそうな期待の新人だと感じました。

まるで痴女

痴女のような女の子って本当にいるんだなと思ったデリヘル経験について書いていきたいと思います。それはまだ寒い冬の日で外ではコートが必須と言う感じでした。外に出るのも嫌だなと思いデリヘルを頼み、こたつでぬくぬくしながら女の子を待っていましたね。そして待望の女の子が到着、外は寒いせいかもちろんコートをしっかりと着込んでいました。その女の子は寒いですねーなんて言いながら家の中に上がって、部屋に入っていきました。自分はじゃあ早速始めるからコート脱いでというと、女の子が不敵に笑い始め、見てくださいと言ってバッっとコートを広げました。するとそこには信じられない光景が待っており、なんとコートの下は下着姿だったのです。自分は動揺してしまい、とりあえず寒くなかったのか聞いてみると、興奮でもうポカポカでしたよとか言ってましたね。本当に痴女っているんだなと思いました。そんな子だったのかプレイ中もとてもハードで、とても気持ちよかった半面、とても疲れましたね。